バレエ・ダンス留学相談 バレエパスポ 長期留学先スクール紹介

エストニア Estonia

お子様のスキル・目指す方向性に合った長期留学型のバレエ学校をご紹介し、

学校決定までのサポートを行います。 

A long-term study abroad type that suits your child's skills and direction

タリンバレエスクール/Tallinnballetschool

 

 

 

国/都市■

エストニア/タリン

_______________________________

学校名

tallinballetschool/エストニア国立タリン・バレエ学校

_______________________________

ジャンル■       

クラシック

_______________________________

コース■        

※授業は基本、ロシア語・エストニア語で行われるが、英語での通訳もあり。

_______________________________

入学時期■

9月から

オーディション■

通常3月~4月にかけて世界中で開催されている。_______________________________

入学資格■      

16歳~

_______________________________

滞在先情報■

寮、その他

_______________________________

学費■_

450ユーロ/月

 _______________________________

注意事項■

 2022年に新校舎ができる予定で、綺麗な寮も隣接していてより快適になるようすです。

1946年に、エストニア州立劇場の直属のバレエスタジオとして発足。1965年には初等、中等教育を行う専門機関として認められ、1992年以降から、タリン・バレエスクールと呼ばれています。

当校はエストニアでプロのバレエダンサーを養成する唯一の教育機関であり、学校は美しい旧市街の中心部に位置し、100人以上の生徒が学んでいます。

当校では、伝統的な古典と、近代的な踊りの教育をバランス良く取り入れ、創造性、開放性を育み、バレエダンサーとしてのプロ意識の持ち方、仕事への取り組み方を指導し、様々な振付家と柔軟に働く事のでき、国際的に活躍できるダンサーを育成することを理念としています。

学校は全8年制。10歳から11歳の生徒が入学し、卒業後、プロのバレエダンサーを目指します。1年生から5年生まではバレエ教育に加え、エストニアの一般の小、中学校の指導カリキュラムに基づいて各学科の履修が必須になります。6年生以上の高学年では、クラシックとモダンのコースに分かれて勉強をしていきます。

毎年春には、タリン・バレエスクールのガラ公演がタリンの国立劇場で行われる他、シンデレラ、くるみ割り人形、白雪姫、7人の小人、白鳥の湖などの、エストニア国立オペラバレエ団の公演に参加できる機会があります。生徒のヨーロッパ公演や、国際コンクール出場にも力を入れています。2017年には当校の生徒が、YAGPファイナルで3位という成績を修めています。

毎日、専属の栄養士が身体活動量の高いバレエスクールの生徒の為に、ビタミン、ミネラルが豊富で、よく考えられた食事を提供しています。

週の食事メニューは学校のホームページで確認する事ができます。栄養価の高い食事で生徒の健康状態を良好に保ち、ハードなレッスンに適応できる身体づくりを促進しています。また、心理カウンセラーや理学療法士も常駐し、多方面から生徒のケアを行っています。