バレエ・ダンス留学相談 バレエパスポ 長期留学先スクール紹介

オーストリア共和国 Austria

お子様のスキル・目指す方向性に合った長期留学型のバレエ学校をご紹介し、

学校決定までのサポートを行います。 

A long-term study abroad type that suits your child's skills and direction

ウィーン国立歌劇場バレエスクール/Ballettschule der Wiener Staatsoper

世界で最も古い歴史を持つバレエの伝統校。名門ウィーン国立歌劇場バレエ団の学校。

 

世界トップクラスのダンサーを輩出し続ける、長い伝統に裏付けされた教育プログラム。芸術の都ウィーンでバレエの本質を学ぶ。

国/都市■

オーストリア共和国 / ウィーン

____________________

学校名■

Ballettschule der Wiener Staatsoper

ウィーン国立歌劇場バレエスクール

____________________

ジャンル■       バレエ

____________________

コース■       ロウアースクール10~14歳コース

           ハイスクール15~16歳コース

____________________

入学時期■       ---

____________________

コース期間■      ロウアースクール5年間

            ハイスクール2年間

____________________

オーディション■    あり

____________________

入学資格■      ロウアースクール:10~14歳

           ハイスクール:15~16歳

____________________

卒業後の取得資格■   ディプロマ

____________________

滞在先情報■      寄宿制

____________________

学費■         --

____________________

申込み締め切り■    ---

____________________

その他■

学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますので相談ください。

ウィーン国立歌劇場バレエスクールのルーツは18世紀に遡ります。パリ、サンペテルブルクと並び、最も長い歴史を持つクラシック・バレエ学校のひとつで、言わずと知れた世界的名門バレエスクール。ウィーン国立歌劇場バレエ団付属の学校として、10~14歳、15~16歳の各年代に、最高レベルのバレエ教育を提供します。バレエの理論、演技における専門教育は、伝統的を重んじつつも革新的なプログラム開発にも意欲的。「ウィーンの新しい伝統を作り出す」ことをミッションとして掲げ、生徒、教師、親の間でのコミュニケーションも重視します。子どもの個性を尊重し、ポテンシャルを最大限に引き出す学習環境を作り、卒業後の就職まで徹底的にサポート。スポーツや芸術、映画鑑賞、音楽演奏や料理など広範囲のアクティビティで、生徒の創造性や芸術性を高め、身体的にも精神的にも成長をもたらします。マスタートレーナーによる毎日90分のレッスンを始め、パドドゥ、トップテクノロジー、リズム、歴史、ジャズや現代音楽、解剖学の授業も。また、歌劇場と密接に関与していますので、ステージトレーニングも充実。各学年の最後には劇場でパフォーマンスを行う機会も与えられます。同校の卒業生は、ウィーン国立歌劇場バレエ団はもちろんのこと、英国ロイヤルバレエ団、ベルリン国立バレエ団のダンサーとして国際的に活躍。劇団の振り付け師や、バレエ教師、舞台監督としてトップレベルの地位を確立している人々も多く存在します。世界に羽ばたくアーティストとしての自信を育むため、超一流の講師陣がひとりひとりの生徒と向き合い、ハイレベルな教育を提供する学校。卒業時には、国家認証のディプロマも取得することが出来ます。


ウィーンコンセルヴァトリウム私立大学ダンス科/Konservatorium Wien Privatuniversität 

オーストリアの首都・ウィーンで、世界が求める「アナタ」を形づくりませんか?

 

ウィーン国立音楽大学ダンス科は、21世紀に踊って行くこと、作品を作ることってなんだろう?と思っている方にぜひおすすめしたい学校です。

学校名■

Konservatorium Wien Privatuniversität (Dance Department)

ウィーンコンセルヴァトリウム私立大学ダンス科

____________________

ジャンル■   バレエ、コンテンポラリーダンス

____________________

コース■

ダンス科

Bachelorstudium Zeitgenossischer und Klassischer Tanz(コンテンポラリー&クラシックバレエ学士)

Bachelorstudium Zeitgenossische Tanzpadagogik(コンテンポラリーダンス教育学学士)

____________________

入学時期■     9月

____________________

オーディション■  あり

____________________

入学資格■

バレエ・コンテンポラリーダンス学士:15歳~25歳対象、ドイツ語、ビザ

コンテンポラリー:18歳~25歳対象、ドイツ語、ビザ

____________________

卒業後の取得資格■ 学士

____________________

滞在先情報■

紹介はありませんが、滞在先探しに役立つウェブサイトを紹介

____________________

学費■

学士(外国人)1000ユーロ(セメスターあたり、)

ヨーロッパの古都・ウィーンは、工事をすればローマ時代の遺跡が顔を出してしまうこともあるほど、歴史の古い街です。その長い営みが、現在の色彩と絶妙に混じり合うモザイク画のような魅力を持っている、ちょっとロマンティックな香りを放つのがウィーンです。そんな街で積極的に現代的要素を取り入れ、明日の最高峰を生みだすパワーに変える個性を放つ大学の一つ、ウィーンコンセルヴァトリウム私立大学ダンス科。常に進化し続けるダンスの新世界を理解し、大胆に再構成し、個性を生かすダンサー、振付家、教育者の養成を意図して、2010-11年には学部改革が始まりました。クラシックバレエ、コンテンポラリー科の実技クラスは、専門とするダンスの他、ワークショップやアクロバット、舞台メークなど幅広く網羅し、講義科目としては、理論や解剖学など自立したダンサーに必要な知識を身につけます。専門性を高めるとともにスタイルの多彩さや学際的な教養を培うことが可能です。コンテンポラリーダンス教育科は、子供、青少年、大人など、年齢に応じたダンス教育法を学ぶほか、クラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、アクロバットなどの実技、リトミックの授業、また、教育学・教育心理学の講義や、教育実習の機会も用意されるなど、きめ細やかなカリキュラムです。ダンスを通して、生徒の人格形成にも役立つ教師を養成します。このようなインテンシブな課程で学ぶため、留学生であっても最初からドイツ語に習熟していることを示す検定証明書が必要です。言葉・入学試験の壁を乗り越えてでも挑戦したいというあなたにお勧めです。