バレエ・ダンス留学相談 バレエパスポ 長期留学先スクール紹介

スイス Switzerland

お子様のスキル・目指す方向性に合った長期留学型のバレエ学校をご紹介し、

学校決定までのサポートを行います。 

A long-term study abroad type that suits your child's skills and direction

スイス国立チューリッヒダンスアカデミー(taZ

設立10年余りで世界の著名バレエスクールに名を連ねるほど、急成長を遂げる新進気鋭のスクール

 

年に2回のガラをピークにカリキュラムを構成。指導に当たる講師陣には高い専門基準が定められ、質の高い教育を受けることが出来るのが特長。

学校名■

Zurich University of the Arts - Zurich Dance Academy

スイス国立チューリッヒダンスアカデミー

____________________

ジャンル■     バレエ、コンテンポラリーなど

____________________

コース■      年間コース

____________________

入学時期■     一般的に9月頃   

____________________

コース期間■    1年~7年

____________________

オーディション■ 

オープンオーディション、ビデオオーディション

____________________

入学資格■      11歳以上

____________________

学費■

1,000スイスフラン~1,050スイスフラン/学期

※コースによって条件は異なります。

____________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

スイスの空の玄関口であり、主要都市のひとつ、チューリッヒ。国際金融都市としられるこの街には、歴史ある建物が多く残り、観光都市としても有名です。この町の中心にあるチューリッヒ芸術大学のチューリッヒダンスアカデミー(taZ)は、2005年の創立。同大学の舞台芸術映画学部のひとつで、歴史は浅いものの、今や国際的に著名なバレエスクールのひとつとなっています。taZは、大きく分けて3つのカテゴリーに分けられています。1年間の入門クラスは、10~11歳を対象として、ダンスの楽しさを教えます。クラシックダンスのプロトレーニングの基礎コースは、11歳~12歳でスタートします。3年間かけて、次のステップであるアドバンスクラスのレベルに到達するよう、基礎を徹底的に習得。16歳からのアドバンストクラスは、プロの舞台パフォーマンスに必要なスキルとテクニックを総合的に育成します。月曜から土曜日までのフルタイムで3年間、集中ダンストレーニングに加え、理論クラスを必修で受講し、次の学年に進級するためには中期と後期に行われる試験に合格する必要があります。年2回のガラでは、舞台パフォーマンスの経験を積むことも出来ます。このアドバンストクラスでの受講は、スイスでの認定資格(EFZ)にもつながります。すべての講師陣には、高い専門職基準が定められており、非常に質の高い教育を提供しています。実際、卒業生のほとんどが、チューリッヒバレエカンパニー、ドイツ各地のカンパニー、カナダ国立バレエ団などの著名カンパニーに就職。また、ローザンヌ国際コンクールなどでも数多くの受賞者を輩出しています。ティーンエイジャーの留学に安心な寄宿舎も完備していますので、保護者の方も安心。広く美しいダンススタジオで、輝かしいキャリアの礎を築きませんか?


ルードラ・べジャール・ローザンヌ・バレエ学校/Ecole Atelier Rudra Béjart Lausanne

ワン・アンド・オンリー。ここでしか学べないから、ルードラ・ベジャール・ローザンヌで学びたい。

ローザンヌ、ベジャール。現代のバレエを説明する上で欠かせない要素と、未来のバレエへの展望が、ルードラ・ベジャール・ローザンヌには存在します。

国/都市■

スイス連邦 / ヴォー・ローザンヌ

____________________

学校名■

Ecole Atelier Rudra Béjart Lausanne

ルードラ・べジャール・ローザンヌ・バレエ学校

____________________

ジャンル■      バレエ

____________________

コース■       2年間

____________________

入学時期■     9月(秋期)

____________________

コース期間■     2年間

____________________

オーディション■   要オーディション

____________________

入学資格■     女子:16歳~19歳

          男子:16歳~20歳

          義務教育修了者

____________________

卒業後の取得資格■  なし

____________________

滞在先情報■     ‐‐‐

____________________

学費■        無料

____________________

生活費■   1000~1500スイスフラン/月 

____________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

フランスの国境からも近いスイスの街・ローザンヌ。バレエを学ぶものなら、名を知らぬことがないバレエコンクールが開催される場所です。ここにモーリス・ベジャールが学校を開いたのは1992年のこと。それ以来、この舞踊学校は世界中で活躍する素晴らしい人材を育成してきました。毎年、最多で20名ほどしか入学が許されず、独自の基準を満たした生徒が10人であればその10人しか入学を認めません。しかし入学すれば学費は免除され、週6日、毎日10時間のレッスンに熱中することが出来ます。生徒は国籍を問わず、世界中から集まった精鋭たちです。クラシックの技法やモダンダンス、ベジャールのスタイルなどといったレッスンとともに、剣道のレッスンがあるのもこの学校のユニークなところ。これは、モーリス・ベジャール自身が日本の文化や武道に傾倒し、その精神性に敬意を持っていたためで、学生の精神教育の一環として採用しているそうです。また、多くのゲスト講師が招かれ、インド舞踊やアフリカ舞踊といったジャンルにも触れる機会があります。舞台での上演機会が用意されていることも、この学校の重要な要素の一つです。学生たちは世界中で上演する機会が設けられており、卒業後に活躍する場に、学生のうちから数多く出会うことができます。ディプロマのような卒業資格を有さない、非常にプライベートな視点を大切にしているルードラ・ベジャール・ローザンヌ。ダンサーとして、コリオグラファーとして活躍するためにディプロマはいらない、と言い切るベジャール哲学を理解できる人。真にダンス界の礎となることを望む人。そんな人のために存在し、その夢を実現できる場が、ルードラ・ベジャール・ローザンヌなのです。


チューリヒオペラ座付属バレエスクール/Balletschule fuer das Opernhaus Zurich

スイス・チューリッヒ。オペラ座への出演チャンスもある付属学校で、バレエを学びませんか?
欧州の主要な劇場の一つであるチューリッヒ・オペラ座。様々なチャンスを提供してくれるここの付属バレエスクールは、踊りを愛する人を広く受け入れてます。

国/都市■

スイス連邦 / チューリッヒ州・チューリッヒ

____________________

学校名■

Balletschule fur das Opernhaus Zurich

チューリヒオペラ座付属バレエスクール

____________________

ジャンル■       バレエ

____________________

コース■        ダンス(バレエ)

____________________

入学時期■       ---

____________________

コース期間■      ---

____________________

オーディション■    DVDオーディション

____________________

入学資格■       ---

____________________

卒業後の取得資格■   ---

____________________

滞在先情報■      寮

____________________

学費■         授業数で変動する。

____________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

スイス最大の都市・チューリッヒ。経済的に非常に重要な都市ですが、それとともに素晴らしい芸術をはぐくんできた、豊かな歴史を擁する街でもあります。ここに1834年に設立されたのが、ヨーロッパでも主要なオペラ座の一つであるチューリッヒ・オペラ座です。ワーグナーが活動の拠点としていたこともあるこの場は、現在でも数多くの名演が上演されています。ここの付属学校を、ベリオゾフ女史が国際的な評価を持つ教育の場として改革したのは1985年のことです。競合する他の名だたるスクールと比べると、歴史が長いわけではありませんし、規模が大きいわけでもありません。それでも、この学校で学ぶことを望むダンサーの卵たちが世界中から数多くやってくるのです。

その理由は、この学校が専門的な訓練や英才教育に長けており、バレエコンクールでの活躍や、奨学金の獲得、有名校への進学といったステップへの準備を提供できるから。今までの受賞者や、出身学生らのその後の経歴…といった業績が、多くの人に信頼されているからです。レッスンは基本的にはスイスの公用語であるドイツ語が使われますが、国際色豊かな講師陣には日本人も含まれていますので、特に言語を習得するまでの間、精神的にも大きな支えになることでしょう。日本からも多くの留学生がこの学校で学び、大きなコンクールで入賞したり、有名校への入学やバレエ団への入団が許可されるなど、素晴らしい結果を残しています。ほかにも、オペラ座での公演も定期的に行われるため、学生は歴史に彩られた素晴らしい舞台になじみ、その一部となる機会が与えられます。

バレエをヨーロッパで学び、未来の活動の場とするための最初のステップとして、この学校は最適の場所のひとつなのです。