バレエ・ダンス留学相談 バレエパスポ 長期留学先スクール紹介

ドイツ Germany

お子様のスキル・目指す方向性に合った長期留学型のバレエ学校をご紹介し、

学校決定までのサポートを行います。 

A long-term study abroad type that suits your child's skills and direction

ジョン・クランコ・バレエ・スクール/John Cranko Schule

世界中から優秀な生徒が集まるバレエ学校、ジョン・クランコバレエスクール

 

ドイツ南西部の街・シュトゥットガルトにある、シュトゥットガルト国立バレエ団付属のバレエ学校では、踊りに関する全ての教養を学ぶことが出来ます。

国/都市■ 

ドイツ連邦共和国 / バーデン=ヴュルテンベルク州・シュトゥットガルト

______________________

学校名■     

  John Cranko Schule

  ジョン・クランコ・バレエ・スクール

______________________

ジャンル■      バレエ・コンテンポラリー

______________________

コース■       Staatliche Ballettakademie(国立バレエアカデミー)

______________________

入学時期■      ---

          ※受験に合格後、3ヶ月の審査期間があります。

______________________

コース期間■     2年

______________________

オーディション■   DVD審査のち、現地オーディション

______________________

入学資格■      原則16歳~18歳

______________________

卒業後の取得資格■  ディプロム(ABITUR)=高校卒業証書

           クラシックバレエダンサー認定

______________________

滞在先情報■     寮(16歳まで)月520ユーロ

______________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

ドイツ・シュトゥットガルト。ドイツの南西部に位置し、ポルシェなどの世界企業が本社を置く工業都市として知られるこの街に、振付家ジョン・クランコがバレエ団を引き連れてやってきたのは1961年のことでした。その後数年でこのバレエ団を世界有数のバレエ団にしてのけたクランコ氏が次に目指したのは、後進を育成すること。こうして1971年に設立されたジョン・クランコバレエスクールは、現在に至るまで数多くの素晴らしい舞踊家を世に送り出し、生徒たちが有名なコンクールに受賞することで、世界的に認められるバレエスクールへと成長しました。

ジョン・ノイマイヤー氏やイジー・キリヤン氏を育てたことでも有名なクランコ氏は、残念ながら1973年に45歳という若さで亡くなりましたが、彼の世界観やドラマティックな構成、そして美しいパ・ドゥ・ドゥ振付に見られるバレエの精神は、彼の設立した学校に今も息づいています。学校は基本的なバレエ学校と、国立バレエアカデミーの2部構成になっています。10歳から16歳までが入学できる基礎トレーニングコースでは、クラシックの基本を主に、後半ではコンテンポラリーや即興も学んでいきます。もう一つの18歳までが入学できる2年間教育の国立バレエアカデミーでは、多様な踊りはもちろんのこと、舞踊史や音楽史、解剖学からメーキャップまで、ダンサーに肉体的にも精神的にも必要な知識を数多く教示。緻密な指導により体に焼き付けられた知識は、どんなコンクールや舞台でもあなたを裏切らない武器になるでしょう。また、シュトゥットガルト国立バレエ団の公演に参加し、日本を始め世界各国でも上演のためツアーに参加する機会もあるのです。このような舞台経験も、ジョン・クランコバレエスクールの学生たちが世界有数のコンクールで良い成績を収める理由の一つなのかもしれません。


ドイツ国立バレエ学校ベルリン/Staatliche Ballettschule Berlin und Schule fuer Artistik

ドイツの首都・ベルリンで、ヨーロッパ有数のバレエ教育を受け、バレエダンサーとなる。

 

ヨーロッパの文化都市・ベルリンにあるドイツ国立バレエ学校は、ドイツに多くあるバレエ学校の中でも、ユニークな特色を持っている学校の一つです。

国/都市■

ドイツ連邦共和国 / ベルリン・ベルリン

 ____________________

学校名■

Staatliche Ballettschule Berlin und Schule fur Artistik

ドイツ国立バレエ学校ベルリン

____________________

ジャンル■

バレエ(モダン、ジャズ、フラメンコなどのクラス有)

____________________

コース■

-Abitur - Gymnasiale Oberstufe

4 セメスター:パフォーマンスダンスコース/4学期:古典ダンス、パ・ド・ドゥ、レパートリー、モダンダンス、ジャズダンス、キャラクターダンス

-Berufsfachschule

古典舞踊、パ・ド・ドゥ、レパートリー、モダンダンス、キャラクターダンス、ジャズダンス、ダンス/演劇史の歴史

-Realschule

古典舞踊、パ・ド・ドゥ、レパートリー、モダンダンス、ジャズダンス、キャラクターダンス/フォークロア、体操

-Grundschule

古典舞踊、体操、ダンスパフォーマンス、歴史的ダンス、ダンスの歴史 

____________________

入学時期■       9月

____________________

オーディション■   入学試験(ドイツ語試験)と身体能力試験

____________________

入学資格■       10歳~20歳

____________________

卒業後の取得資格■   ディプロム、学士

____________________

滞在先情報■      寮(月220ユーロ・食費別)

____________________

学費■       学費は、国立なので基本無料。

      当該年度やコースによって料金が異なります。

____________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

ドイツの首都・ベルリン。かつて冷戦時代の象徴であった「ベルリンの壁」によって東西に分断されていたこの街は、21世紀を迎えた今ではドイツの首都として、政治的にも、文化的にも重要な意味を持った場になっています。常に変わり続け、様々な輝きを放ち、きらめいているこの街には数多くの教育機関があり、世界中から学生たちが集い、街の魅力の一部となっています。ドイツ国立バレエ学校ベルリンも、未来の星を育成するそんな教育機関の一つです。踊りを学び、極めることを人生の目標とした人たちが、毎年この学校の一員となるのです。舞踊を学びながら卒業すると、ドイツの高校修了ディプロム資格も与えられるこの学校は、様々な年齢での編入も可能です。ただ最初の学年(第5学年)時点での入学が推奨されています。学校ではバレエだけでなく、多様な舞踊スタイルや、舞踊の歴史などを学ぶことが出来ます。現在20カ国近い外国人を生徒として受け入れていますが、同時に講師も世界各国より招聘。常に国際的な視野を持ち、最高の指導を提供できるようになっています。その結果、多くの学生が国際的に有名なバレエコンクールで上位の成績を収めています。卒業後はバレエ団に入団したり、さらなる高等教育を受けたりと様々ですが、卒業生にはベルリン国立バレエ団をはじめ、ヨーロッパの主要バレエ団で中心メンバーとして活躍しているダンサーたちがおり、学校の指導力の高さがうかがえます。様々な歴史、思想がぶつかりあい、街を、そこに住む人を常に変えてきたーそんな激動を感じられるからこそ、この街で、この学校で学ぶことは魅力にあふれているのです。


Bottaini Merlo ballet academy/ボッタイニメルロバレエアカデミー

ミュンヘンにあるドイツ有数のバレエアカデミーで、ダンサーになる基礎を培う。
ドイツ・バイエルン州最大の都市ミュンヘンにある、ダンサーの育成を第一の信条にしているバレエ学校・ミュンヘン・バレエ・アカデミーで学ぶ。

国/都市■

ドイツ連邦共和国 / バイエルン州・ミュンヘン

______________________

学校名■

Bottaini Merlo ballet academy

ボッタイ二メルロバレエアカデミー

______________________

ジャンル■

バレエ・コンテンポラリー・キャラクター・パドドゥ・ポワント・レパートリー・モダン・グループレパートリー

______________________

コース■

13~15(プレアカデミー)15~16(アカデミー1)16~17(アカデミー2)17~18(アカデミー3)18歳以降は、プロフェッショナルクラス

______________________

入学時期■       —

______________________

オーディション■    プライベート・オーディション有。

______________________

入学資格■       9月以降

______________________

卒業後の取得資格■   ディプロマ

______________________

滞在先■        寮、アパート

______________________

学費■         月:450ユーロ

______________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

バイエルン州の州都であるミュンヘンは、経済的にも文化的にも秀でている、ドイツの主要都市のひとつです。食べ歩きに興味がある人なら、この街が生んだ白いソーセージ・ヴァイスブルストや、地ビールの祭典・オクトーバーフェストも見逃せないでしょう。治安も良いミュンヘンは、多くの観光客が訪れること、素晴らしい教育機関が多くある学術都市として、留学生を多く迎えいれていることでも知られています。そのうちの一つであるミュンヘン・バレエ・アカデミーは、1978年に、当時のバイエルン国立歌劇場バレエ団のプリマであったコンスタンツェ・ヴェルノンによって設立されました。コンスタンツェ・ヴェルノンとその夫のフレート・ホフマンが立ち上げた、バレエダンサー育成を目的とするハインツ・ボスル財団の支援を受けて運営されているため、ミュンヘン音楽・演劇大学の一部門として成り立っているアカデミーとはいえ、運営基盤は独立したものとなっています。「生徒たちには、ダンサーになってもらいたいのです」というヴェルノンの信条が、この学校の根底にあります。生徒たちはまず厳格なワガノワ・メソッドをしっかりと学び、その後現代的な手法を学んでいきます。「どんなに素晴らしい学校のディプロムを取得しているからといって、舞台で通用するわけではありません。舞台経験をきちんと積んでいて、挑戦心に富み、競争力のあるダンサーをバレエ団は常に求めているんです」2013年1月に逝去した創設者・ヴェルノンのそんな意志をしっかりと受け継いでいるミュンヘン・バレエ・アカデミー。入学試験に合格した生徒は、ハインツ・ボスル財団の手厚い支援を受けられるため、バレエのレッスンに集中することが出来ます。きちんと課程を修了し、ディプロムを取得して卒業する学生のほとんどは、そのまますぐに世界の有名バレエ団に入団するそうです。ダンサーになることを望むあなたにとって、とてもよい場となるでしょう。


ドレスデン・パルッカ・ダンス大学/パルッカ・シューレ・ドレスデン/Palucca Hochschule 

街そのものが文化財というドレスデンに、一人の女性の情熱が生んだ素晴らしい舞踏学校があります。

 

第2次世界大戦後、めざましい復興を遂げたドイツ・ドレスデンにあるドレスデン・パルッカ・ダンス大学で、情熱とパワーに満ちた創造力を開花させよう

国/都市■

ドイツ連邦共和国 / ザクセン州・ドレスデン

______________________

 学校名■

Palucca Hochschule für Tanz Dresden/Palucca Schule Dresden

ドレスデン・パルッカ・ダンス大学/パルッカ・シューレ・ドレスデン

______________________

ジャンル■

バレエ、ポワント、ボーイズクラス、ジャズ、コンテンポラリー、インプロビゼーション(即興)

______________________

コース■

Sekundarstufe(実科学校修了ディプロムコース10歳~17歳)

Bachelor-Studiengang Tanz(舞踊学士コース)

Bachelor-Studiengang Tanzpadagogik(ダンス教育学士コース)

Master-Studiengang Tanzpadagogik(ダンス教育修士コース)

Master-Studiengang Choreografie(振付修士コース)

______________________

入学時期■       9月(冬学期のみ)

______________________

オーディション■    あり

※2段階の場合あり。舞踏学士コースは事前審査用DVD提出可

______________________

入学資格■

舞踏学士・ダンス教育学士は、高校卒業資格、志望動機、専門医による診断書、履歴書、ドイツ語、成績表 

ダンス教育修士は学士(または実技訓練の証拠、職業舞踏家としての活動の証拠など)、教育への適性、専門医による診断書、ドイツ語、振付修士は学士(または実技訓練の証拠、職業舞踏家としての活動の証拠など)、教育への適性、専門医による診断書、ドイツ語、マスタークラスは舞踏・振付分野での学士かそれに相当する資格、師事したい先生の同意書、これまでの活動履歴

______________________

卒業後の取得資格■   実科学校修了ディプロム、学士、修士

______________________

滞在先情報■       18歳までは学生寮あり

            それ以上は賃貸できる学生寮を紹介

______________________

料金・日程補足■

BA&MAコース 185.90ユーロ(1セメスター、授業料のみ)

●当該年度やコースによって料金が異なります。

______________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

ドイツの美しい街・ドレスデン。第2次世界大戦で壊滅的な空爆被害を受けたこの街は、長い時をかけ、傷みを乗り越えてきました。世界的なプロジェクトとなった聖母教会の再建は、オリジナルの材料をがれきよりできるだけ集めて再生した事で「ヨーロッパ最大のジグソーパズル」と呼ばれ、有名になりました。このドレスデンに、パルッカ・シューレというダンサーがダンススクールを作ったのは、1925年のこと。その自由なスタイルはナチス政権時代にはうとまれ、「フリーダンスは教えてはならない」と禁じられる憂き目にも遭いました。戦後、空爆によってがれきと化したこの街で、すぐに彼女は学校を再建しました。古典的な指導法に飽き足らず、個性的な指導法やダンススタイルを意欲的に取り入れた彼女の学校は、ドイツの若手ダンサーがあこがれる学校となりました。冷戦後ドイツが統合された後も、そのスタイルは変わらず、現在でもドイツ初にして唯一の私立ダンス大学として、高い評価と注目を浴びています。同校は、クラシック、コンテンポラリー・モダン、即興を3つの柱とし、この3つをバランス良く学習する自律的なカリキュラム編成を方針とし、中等教育部門と大学部門のいずれにも才能あふれる生徒たちが世界中から集まってきています。そのため、大学に入るのにはドイツ語能力の証明書が必要ですが、外国人学生のためにドイツ語のクラスも用意されてます。この学校の卒業生には世界の第一線で活躍しているダンサー、振付家、教育者が名を連ね、この学校から受けた影響を「純粋な創造力を駆り立ててくれる場所」「自分自身に出会った場所」「家と感じられる場所」…と語っています。彼らの言葉の下に流れるのは、学校の持つ自由と個性を敬う精神。あなたがその熱い思いに共感できるのなら、この場はあなたにとっても故郷になるでしょう。


マンハイム音楽舞台芸術大学ダンスアカデミー

Staatliche Hochschule fuer Musik und Darstellende Kunst Mannheim Akademie des Tanzes für Tanz Dresden

創立は1762年。ドイツの大学にある名門舞踏学校

 

伝統と革新の両方を重視することで地位を築いてきたダンスアカデミー。そのハイクオリティーなトレーニングで、世界で活躍できるダンサーになろう。

 

国/都市■

ドイツ連邦共和国 / バーデン=ヴュルテンベルク州・マンハイム

______________________

学校名■

Staatliche Hochschule fuer Musik und Darstellende Kunst Mannheim Akademie des Tanzes

マンハイム音楽舞台芸術大学ダンスアカデミー

______________________

ジャンル■       バレエ

______________________

コース■        学士、修士

______________________

入学時期■    一般的に、9月、4月頃(セメスター制)

         ※ コース・専攻によって条件が異なります。

______________________

コース期間■      1年~4年

        ※ コース・専攻によって条件が異なります。

______________________

オーディション■

一般的に事前の書類審査、音源審査、現地でのオーディション及び面接が必要となる場合がございます。

※ コース・専攻によって条件が異なります。

______________________

入学資格■     -

______________________

卒業後の取得資格■    学士、修士   

______________________

料金■

手数料120ユーロ程度(1セメスターのみ、授業料無料)

※ コース・専攻によって条件が異なります。

______________________

 

ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州最北端に属する郡独立市、マンハイム。高い生活水準を持つ大学街であり、ライン・ネッカー流域大都市圏の中心です。そこにキャンパスを構えるのが、マンハイム音楽舞台芸術大学(日本ではマンハイム音楽大学としても有名)。1971年にハイデルベルグ音楽・演劇大学とマンハイム州立音楽・演劇大学が合併し、現在の芸術大学となりましたが、その歴史は実に200年以上。前身となる音楽学校は1756年の創立で、音楽愛好家としても有名なバイエルン選帝侯カール・テオドールから経済的支援を受けていたといわれています。また舞踊学校も、1762年にまで遡る古い歴史を持っています。18世紀のバレエ改革においても重要な役割も果たしており、ヨーロッパで最も古いダンスアカデミーの1つとして、現在まで優秀なダンサーを育成し続けてきました。1997年からは、シュツットガルト・バレエ団の元プリンシパル、ビルギット・カイルがダンスアカデミーの学長に就任。アカデミーはその地位をより強固なものにしてきました。卒業生は皆、国内外の著名なカンパニーで活躍しています。教育課程は学士号(3・4年間)と修士号(1年間)に分けられ、それぞれ舞踊学または舞踊教育学で学位が取得可能です。プログラムでは伝統的なクラシック・バレエのみならず、革新的なコンテンポラリー・ダンスにも力を入れており、プロのバレエ団で即戦力となるダンサーを育成しています。国際的なパートナーシップも充実しており、アメリカのイェール大学や韓国のソウル国立大学、イタリアのミラノ・スカラ座アカデミーなど、世界中のトップクラスの大学との提携があるのも魅力的です。また、年間500回以上も開催されるイベント・コンサートは、生徒に舞台経験の場を与えるだけではなく、ライン・ネッカー圏の文化の中心としても、大きな役割を担っています。


 

ハンブルク・バレエ学校/Ballettschule des Hamburg Ballett

ハンブルクで、振付家ジョン・ノイマイヤーのビジョンと世界を学びその一部になる。

 

ドイツ第二の都市・ハンブルク。世界が注目するバレエ団があるこの街で、その付属校で学び、今日のダンス界トップに存在を表せるようなダンサーを目指す。

国/都市■

ドイツ連邦共和国 / ハンブルク・ハンブルク , ドイツ連邦共和国 / ハンブルク

______________________

学校名■

  Ballettschule des Hamburg Ballett

  ハンブルク・バレエ学校

______________________

ジャンル■       バレエ

______________________

コース■       Ausbildungklassen

           Theaterklassen

______________________

入学時期■       ---

______________________

オーディション■    毎年春

______________________

入学資格■       Ausbildungklassen:11歳~16

            Theaterklassen:16歳~18歳

______________________

卒業後の取得資格■

Theaterklassen卒業で国家公認のバレエ科修了

______________________

滞在先情報■      寮 

______________________

料金・日程補足■

Ausbildungklassen 1300ユーロ~1800ユーロ

Theaterklassen 無料

※年間授業料のみ

●当該年度やコースによって料金が異なります。

______________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

ベルリンに次ぎドイツ第2の規模であるハンブルク市。ヨーロッパでも経済、そして芸術の分野で有名なこの街に、「ロミオとジュリエット」など数多くの作品で世界的に有名なバレエ振付家、ジョン・ノイマイヤーが監督するハンブルクバレエ団と、その付属校・ハンブルクバレエ学校があります。1978年に設立されたこの学校は、地元だけでなく世界中から集まった10歳から18歳までの才能に満ちた人たちに学びの場を提供しています。

「振付家として、私は自分のビジョンを体現できる、よく訓練され、私の振付の世界を理解したダンサーが必要なのです」とノイマイヤー氏は語ります。「私が学生たちに学んでほしいのは、独自のスタイルを持ちつつ、持たないこと。その両方です」一見矛盾しているような彼の言葉は、誰の目にも明らかな、どの振付家の元でも成功できるクラシックからコンテンポラリーまでの技術を身につけることが個性を持たないことで、自分自身を理解し、どの振付家の元で自分が一番輝けるかを理解し、自身のあり方を発見することが個性を持つこと、…ととらえるとその意味を把握できるのではないでしょうか。まだ若く、多くのものを吸収できる未完成な年代だからこそ、一見正反対のようなこの要素を柔軟に身につけることが出来るチャンスなのだと思います。

彼の言葉を裏付けるように、この学校の卒業生たちはハンブルクバレエ団だけでなく、モーリス・ベジャール・バレエ団やドレスデンバレエ団、イングリッシュ・ナショナル・バレエ団などの世界中のバレエ団に入団が認められているのです。古いものでありながら、常に新しいものでもあるバレエ。この魅力的な世界への理解を、この学校でさらに深めませんか。

※ローザンヌ国際バレエコンクールのパートナー校です。