バレエ・ダンス留学相談 バレエパスポ 長期留学先スクール紹介

フランス France

お子様のスキル・目指す方向性に合った長期留学型のバレエ学校をご紹介し、

学校決定までのサポートを行います。 

A long-term study abroad type that suits your child's skills and direction

カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校/

Ecole Superieure de Danse de Cannes Rosella Hightower

フランス・カンヌの学校で、バレエの過去、現在、未来を受け止め、自分の表現をつかむ。

 

フランス・カンヌにある、半世紀以上バレエ教育を高め、多くのダンサーたちを育成してきた学校・カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校をご紹介します。

国/都市■

フランス共和国 / プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏・カンヌ

_______________________________

 学校名■

Ecole Superieure de Danse de Cannes Rosella Hightower

カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校

_______________________________

ジャンル■     

舞踊

_______________________________

コース■

ダンス&アカデミックプログラム(11歳~18歳程度)

プリ・プロフェッショナルプログラム(16歳~23歳程度)

ダンス・ティーチャー・サーティフィケーション(18歳~)

_______________________________

入学時期■    

9月

_______________________________

オーディション■

オープンオーディション・ビデオオーディション

_______________________________

入学資格■

年齢制限あり

ダンス&アカデミックプログラム(11歳~18歳程度)

プリ・プロフェッショナルプログラム(16歳~23歳程度)

ダンス・ティーチャー・サーティフィケーション(18歳~)

_______________________________

卒業後の取得資格■

高校修了証書

Diplome National Superieur Professionnel de Danseur (DNSPD)舞踊学士

_______________________________

滞在先情報■    

_______________________________

学費■

ダンス&アカデミックプログラム 約9,500ユーロ(寮込み)

プリ・プロフェッショナルプログラム 約10,100ユーロ(寮込み)

_______________________________

注意事項■

※学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

フランス有数の高級リゾート地であり、カンヌ映画祭をはじめとした様々な文化的催しものが行われていることでも有名な、地中海に面した街・カンヌ。1961年に、アメリカ人バレエダンサーのロゼラ・ハイタワーによって、この街に設立されたバレエ学校が、カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校です。設立当初より、創設者は世界中から素晴らしい才能を集め、プロとして活躍するダンサーらに育成する…という高いビジョンを掲げていました。
その姿勢は21世紀にはいっても全く変わらぬまま、さらに進化をつづけており、現在存在するバレエ学校の中でも、世界屈指のバレエ教育を実践している学校として、世界中から評価されています。世界各国より、毎年150人ほどの生徒が入学を許され、将来プロのダンサーとして、コレオグラファーとして、教育者として活躍する事を視野に入れた教育を受けています。この学校の指導者たちが見出し、育てた学生たちには、パリオペラ座エトワールのエレオノラ・アッバニャートを始め、世界有数のバレエ団で活躍するダンサーやコレオグラファーが多数いるのです。技術力と表現力に裏打ちされた、優れた芸術力。そして何よりも、自分だけしか表現できない世界を追求し続けていく姿勢を、学生たちに植え付けること。その育成理念が、革新的な指導方法とあいまって、世界に認められる個性を生み続けているのでしょう。また、生徒たちにはカンヌやこの地方で開催される、様々な文化的イベントへの参加も積極的に奨められていて、生徒の視野を広げることに役だっています。
高い能力を持つ指導者たち、経験を積める様々な機会、素晴らしい仲間たち…彼らに出会い、彼らとともに、カンヌで学び、自分自身の個性を確立していきませんか。


パリ国立高等音楽院・舞踊科

Conservatoire National Superieur de Musique et Danse de Paris (CNSMDP)

世界で最も歴史が深く権威ある芸術校の一つ・パリ国立高等音楽院・舞踊科へはばたく。

 

フランス国内でも世界でも、トップクラスと認められてる学術機関パリ国立高等音楽・舞踊科。厳しい試験を乗り越えた生徒として学んでみませんか。

国/都市■

フランス共和国 / イル=ド=フランス・パリ

_______________________________

 学校名■

Conservatoire National Superieur de Musique et Danse de Paris (CNSMDP)

パリ国立高等音楽院(舞踊科)

_______________________________

ジャンル■

バレエ、コンテンポラリー、振付

_______________________________

コース■

Danse classique et contemporaine

-Cycle préparatoire supérieur

-1er cycle supérieur

NOTATION DU MOUVEMENT

-1er cycle supérieur

-2e cycle supérieur

_______________________________

入学時期■     

9月

_______________________________

コース期間■

Danse classique et contemporaine

-Cycle préparatoire supérieur:2年

-1er cycle supérieur:3年

NOTATION DU MOUVEMENT

-1er cycle supérieur:2年

-2e cycle supérieur:1年

_______________________________

オーディション■   

HPには記載なし。

_______________________________

入学資格■      

年齢制限、語学力の規定あり。

_______________________________

卒業後の取得資格■

-Cycle préparatoire supérieur:なし

-1er cycle supérieur:国家舞踏家専門資格

NOTATION DU MOUVEMENT

-1er cycle supérieur:ディプロマ (1er cycle supérieur en Notation du Mouvement Laban ou en Notation du Mouvement Benesh)

-2e cycle supérieur:ディプロマ(2e cycle supérieur en Notation du Mouvement Laban ou en Notation du Mouvement Benesh)

_______________________________

滞在先情報■    

_______________________________

学費■       

400ユーロ~800ユーロ(年間授業料のみ)

_______________________________

その他■

学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

 

 

1669年。ルイ14世の設立した学校・王立音楽アカデミーが、フランス革命ののち、市民にも音楽を教える学校として1795年に改編され、現在でもその音楽教育と舞踊教育は世界中で権威あるものとして認められているーパリ国立高等音楽・舞踊科のもつ長い歴史を一息で説明するとしたら、こんなかんじでしょうか。音楽を、舞台芸術を学ぶ多くの者がここで学びたい、と願い、試験を受けているーそれも事実の一つでしょう。教える内容の多様さ、そしてキャンパスの広さも有名です。学校はおよそ1300人の学生を世界中から受け入れており、400名ほどの講師たちがその指導に当たっています。国立学校は生徒の国籍問わず、学費が非常に安い事でも知られており、真に才能のある生徒が入学を認められて才能を磨く場を提供しています。また、日本では映画化されたマンガ「のだめカンタービレ」で主人公が留学する場として描かれたため、ピアノ科を始めとした音楽の学校としてのイメージが強いようですが、ダンス教育にも力をそそいでおり、世界各国よりえりすぐられた学生が集まっています。また、世界有数の音楽や舞台を常に見る事が出来るパリという場所が、さらに学生を磨きあげていきます。パリ国立高等音楽・舞踊学校がある19区には数々のコンサートホールなどの施設もありますし、その素晴らしい公共交通システムはパリのあちこちへ学生を連れて行ってくれるため、車などの出費もかかりません。ヨーロッパの芸術を肌で感じ、日々学び、その中でみがきあげられていくこと。それこそ、輝かしい未来へ自分を引き上げるためにふさわしい場の一つでしょう。ぜひ、自分自身と未来のために、伝統と今を結ぶ場所で学ばれてください。


リヨン国立高等音楽院・舞踊科/

Conservatoire National Superieur de musique et Danse de Lyon

フランス第2の都市・リヨンにある仏トップクラスの教育機関で、音楽・舞踊を学ぶ。

 

美しい2つの川に包まれた街・リヨン。世界遺産に指定された美しく歴史の息吹を感じるこの街にあるリヨン国立高等音楽・舞踊学校のご紹介です。

国/都市■

フランス共和国 / ローヌ=アルプ地域圏・リヨン

_______________________________

 学校名■

Conservatoire National Superieur de musique et Danse de Lyon(CNSMDL)

リヨン国立高等音楽院舞踊科

_______________________________

ジャンル■    

バレエ、コンテンポラリー

_______________________________

コース■      

学士課程

_______________________________

入学時期■    

9月

_______________________________

コース期間■   

4年間

_______________________________

オーディション■  

要オーディション

_______________________________

入学資格■

語学力規定、年齢制限あり

クラシックダンス:15歳~18歳

コンテンポラリー:16歳~20歳

_______________________________

卒業後の取得資格■

-ディプロマ

Diplome National Superieur Professionnel de Danseur (DNSPD):舞踊学士

_______________________________

滞在先■     

寮など。

_______________________________

学費■     

 ---

_______________________________

申込み締め切り■

 

 ---

_______________________________

その他■

学校入学条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがあります。

パリに次ぐフランスの重要な都市であるリヨン。美しい旧市街は世界遺産にも登録されており、街を囲むように流れるローヌ川とソーヌ川がロマンチックな街の印象をさらに強めています。そんな端正な街・リヨンにあるのが、パリ国立高等音楽・舞踊学校とならんで、トップクラスの音楽家・ダンサー・バレエダンサーたちを養成しているリヨン国立高等音楽・舞踊学校です。パリより独立し、1980年にリヨンに校舎を構え、国内外を問わず、才能あふれる学生たちにその門を開き、生徒たちの活躍も目覚ましい名門です。舞踊科(舞踊指導者養成科も含む)は、クラシックとコンテンポラリーに分かれ、大学課程に相当する、ディプロマ取得(Diplome National Superieur Professionnel de Danseur (DNSPD))を目指します。またリュミエール・ リヨン第2大学 との提携でパフォーミング・ライセンス(Arts et spectacle)を取得することも可能です。一クラスは14人制で、大きく分けて4種のレッスンを受けます。まずメインの授業ではクラシック、コンテンポラリーそれぞれの技術を学びます。また捕捉コースとして、クラシックの生徒にはコンテンポラリーを、コンテンポラリーの生徒にはクラシックのレッスンをします。第三のレッスンとして、生理学や音楽、歴史の知識など、ダンサーとしてより深く成長できるような講義を受けます。最後にビジネスや法律の授業など実務的な講義も履修します。
同校の卒業生たちの多くが世界の一流の芸術家・指導者として、キャリアを積みあげています。もちろん、大学の指導者たちの指導と支援も、その成功の重要な要素のひとつでしょう。生徒たちには多くのチャンスが与えられます。その一環のひとつとして、生徒たち・指導者らには公演発表の機会が年に数百回設けられており、生徒たちが経験を積む絶好の機会であるとともに、リヨンの人々を楽しませ、文化事業への興味を抱かせ続ける要素となているのです。